キャッシングにショッピング、カードローンで借金が出来てしまったが返済に困る! ここではそういう情報を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こういう記事を見つけました。
LiveDoor NEWSからの抜粋です。

銀行系消費者金融の利率が低くなったのは良いが、審査が簡単だと言うことで300万円、500万円という大金を簡単に貸し出すのは問題ではないか。
カードローンでも30万円ぐらいだったのが、すぐに50万円、80万円と融資枠を増やすところが多い。借りなければ問題ないのだろうが、ついカードローンを借りて、返しているうちに融資枠が増えて、さらに借りてしまうと言う悪循環になる人も多い。

 さらに、審査が簡単で15%とかで何百万円も貸す銀行系の消費者金融では、困ったところでつい借りてしまうと言う人も出てくる。元々、何百万も借りるのは困っているから借りるので、待っているのは自己破産への道だろう。
特に、経験のない若者をカードローンで囲い込み、いくら返しても元本が無くならないというような情況になって、金利は低いかも知れないが、何百万という金を貸す仕組みに引き込むのは、若者の生き血を吸っているようなものではないだろうか。

 確かに、借りなければいいのだが、自分の欲望に負けたり、どうしても必要になったりして、金を借りれば15%の金利を返すのは容易でないことを知ることだ。おおざっぱに言うと、たとえば、15%で300万円を借りれば、金利は年45万円になる。月々4万円を返しても、元本は減らないから、永遠に4万円を返さなければならない。毎月、4万円の貯金ができないのに、それを払うのはもっとできないことを知るべきだ。毎月8万円を返して、ようやく次の年に255万円の借金になる。毎月8万円を返すと言うことは、手取り18万円の給料とすれば、実に45%、約半分を返さなければ、ならないと言うことになる。そんなことができるなら、初めから借りないだろう。

 審査が何分で簡単にお金を貸しますというのは、生き血を吸う生き物がとりつくのと同じだと言うことを、特に、経験の浅い若者は、よく考えなければならない。

まったくです、銀行系と言われるとついつい安心しがちですが、内容はほかの消費者金融で借りるのとなんら変わりはありません。
利息の計算をし、自分の収入と照らし合わせればいくら返済にあてれるかは大体の予想はつくはずです。

無理のない計画をもってお金を借りるなら借りたいものですね。
スポンサーサイト
経営再建中のダイエーグループの利益の多くを稼いできた"虎の子"のOMCカード株が売りに出された。

OMC株はダイエーの有利子負債を圧縮する手段として、これまでも売却のウワサが浮いては消えていた。

2007年4月11日付の日本経済新聞はOMC株の譲り受けに、三井住友フィナンシャルグループや三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループと業務提携しているクレディセゾンが名乗りをあげたと報じた。

これでOMCも銀行系の会社になってしまうのでしょうかね。

銀行系と言われると安心感みたいなものはありますね。


 政府の多重債務者対策本部の有識者会議(座長・吉野直行慶大教授)は六日、二〇〇九年中に二百万人以上いるとされる多重債務者に対する相談体制を全市町村に整備するなど、体制拡充を柱とした報告書をまとめた。

多重債務者を生み出さないように、高校での金融経済教育の実施や、警察によるヤミ金融の取り締まり強化なども要請した。 

 政府は報告書をもとに、今月中にも「多重債務問題改善プログラム(仮称)」を策定する。

まぁ、簡単に言うと全国各地に多重債務者向けの相談窓口を作ろうってことですね~。

たしかに、借金があるがどうしたらいいかって人が増えてるので、こういう相談窓口ってのがあればいいかもしれませんね!

それと共に、教育現場に借金の話しを持ち込むってのもいいと思います。多重債務者の多くは借り入れがおおくなり、どうにもならなくなってから自分の犯したあやまちに気づく人も多いでしょうから、若いうちに知識として覚えておくのはいいことだと思います。
 フィッシング対策協議会は3月30日、金融機関の名前をかたって融資案内を送りつける詐欺メールが複数確認されたとし、注意を呼び掛けた。

三菱東京UFJグループの「モビット」のほか、みずほ銀行、SMBCといった大手金融機関の名前が用いられているらしいです。

 一連のメールは、融資やキャッシングの案内を装って、本文中に記した偽サイトのURLへユーザーを誘導。融資の申し込みを装って、名前や住所、電話番号、メールアドレスといった個人情報を入力させようとする。
偽サイトのアドレスは異なるが、メールのフォーマットには似通った点が多い。

 偽サイトの画面イメージはいずれも、金融機関自身が提供しているWebサイトに似せてあるが、ドメイン名は全く異なる。

偽サイトのドメイン情報を調べてみると、大手金融機関とは縁のなさそうな人物によって、最近になって登録されたものだということが分かる。

 27日には、DCキャッシュワンの名前をかたる同様の詐欺メール/詐欺サイトの存在が報告されていた。なおこの詐欺サイトは発見後にいったん閉鎖措置が執られたものの、何者かによって再び立ち上げられてしまったという。

 こうした手口に引っかからないようにするためには、電子メール本文中のURLをクリックしないこと。またこの場合は、クリックしてしまったとしても、アドレスを確認すれば偽サイトだということが分かる。

とりあえず、あやしいメールは信用しないということですね!
メールアドレスやホームページのURLなんかも見て判断してみるようにしましょう。
大手消費者金融4社に新規の融資を申し込んでも、審査の結果断られるケースが急増しているみたいです。

貸金業の上限金利が2009年にも現行の年29・2%から20%に引き下げられるため、経営環境の悪化をにらみ、各社とも審査を厳しくして焦げ付きリスクが低い融資にシフトしているためだ。
大手消費者金融の融資拡大路線の見直しが鮮明になってきた。

 アイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社の1月の新規融資申込者は計13万6000人。←これだけの人数の方が申し込みをしているというのも驚きですが・・。

このうち、審査を通過して実際に融資を受けた人の比率を示す「成約率」をみると、4社の平均は前年同期比19・4ポイント低い44・1%に落ち込んだ。
約7万6000人が門前払いされた計算だ。

特にアイフルの成約率は36・0%と同34・1ポイントも低下。貸出先を厳選した跡がうかがえる。

 融資の申込件数は減少傾向が続いているが、「廃業した中小消費者金融の顧客が大手に流れている」(業界関係者)ため、4社の中には減少幅が小幅にとどまったところもある。ただ、大手は中小より審査が厳しく、スムーズに乗り換えられないことが多い。

 他社からの借入件数など審査のハードルを一層高める動きが出ていることも、貸し渋りに拍車を掛けている。

 大手の融資絞り込みが続けば、行き場をなくした消費者金融利用者は法外な利息を要求する「ヤミ金融」に流れる恐れもある。今後は、違法業者の監視強化などの対策が一段と重要になりそうだ。

これを読みまして、今までが審査が甘かったんじゃないかって考えてしまいますね・・。
海外では猫にクレジットカードが発行されたなんていう話もありますので、くれぐれも借りる側も返済は計画的にってことなんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。