キャッシングにショッピング、カードローンで借金が出来てしまったが返済に困る! ここではそういう情報を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借入残高に対する一定の割合の元金と 1ヵ月分の利息を足した金額を、毎月の最低限の返済額とする方式をいいます。
スポンサーサイト
借入金額に応じて各回の最小返済金額(元金と利息を含む金額)が決まる(変化する)方式です。

最小返済金額以上であれば、返済額はいくらでもOKです。

例えば、借入金額が10万円以下の場合は、5000円、10万円超20万円以下の場合は10000円といったスタイルになっています(サービス会社によってこの最小返済金額は異なります)

また、追加借入れをした場合は、「その直前の借入残高と追加借入金額の合計が借入金額」となります。

利息などの計算方法は元利定額リボルビングシステムと同じような内容になりますが、借入れ残高によって毎月のリボ払いの金額がスライドしていきますので、元利定額リボルビングシステムよりは返済金額は楽にはなりますが、返済期間は長く利息も多く払うことになると思います。


利息を含めた一定金額を最低限の返済額とする方式をいいます。
返済額から1ヵ月分の残高に対する利息を引いた残りの金額が元金返済の充当額となります。

例) 元金(借りたお金)\50000、利息(手数料)15%、毎月の返済設定金額\5000に設定した場合。

これはあくまで例の1つで実際の利息(手数料)や返済の設定金額などは各会社によって異なります。

元利定額リボ


計算方法
元金×利息÷360日=1日の利息
1日の利息×30日=1ヶ月の利息
設定金額-1ヶ月の利息=元金分
(1ヶ月30日、年間360日で計算してますので若干の誤差は出ます。)
毎月一定金額の元金に1ヵ月分の利息を足した金額を、最低限の返済額とする方式をいいます。

文章だけで、説明されてもわかりにくいと思いましたので、表にしてみました。

例) 元金(借りたお金)\50000、利息(手数料)15%、毎月の返済設定金額\5000に設定した場合。

これはあくまで例の1つで実際の利息(手数料)や返済の設定金額などは各会社によって異なります。




計算方法
元金×利息÷360日=1日の利息
1日の利息×30日=1ヶ月の利息
1ヶ月の利息+設定金額=支払い合計
(1ヶ月30日、年間360日で計算してますので若干の誤差は出ます。)
「リボルビング方式」
毎月あらかじめ設定しておいた金額を返済していく分割払い方法で、ほかには「リボ払い」、「リボルビング払い」、「リボルビング返済」などと呼ばれています。

リボルビング方式にも
「元金定額リボルビングシステム」
「元利定額リボルビングシステム」
「定率リボルビングシステム」
「残高スライドリボルビング方式」
などがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。