キャッシングにショッピング、カードローンで借金が出来てしまったが返済に困る! ここではそういう情報を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここでは、このグレーゾーン金利のカラクリを紹介したいと思います。
まず、利息制限法では、金利ついて下図のような制限をしており、

この制限利息を超過している部分の利息契約は無効と定めています。
しかし、現実には、この利息制限法の上限利率をはるかに超える金利で融資をしています。
また、利息制限の他に出資法という法律があり、この法律では上限利率を年29.2%としています。

ここであれ?おかしいな?と思った方もいると思います。

この2つの法律の関係はいったいどうなっているのでしょうか?
例えば100万円を借りた場合、利息制限法の上限利率は15%(15万円)ですが、
出資法の上限利率は29.2%(29.2万円)です。

そう、利息制限法の上限利率よりも出資法の上限利率が上回っているのです!

出資法の上限利率を超えた場合は刑事罰の対象になります。

しかし、利息制限法は強行規定ではありますが罰則はありません。

この、利息制限法の利率と出資法の上限利率をグレーゾーン金利と呼びます。

では、なぜこのようなグレーゾーン金利がまかりとおっているのか?

貸金業規制法43条では、この利息制限法超過利息であっても、
債務者が任意に利息として支払った場合は有効な利息の弁済とみなすと定められていて
これをみなし弁済規定と言い、これを利用してグレーゾーンの範囲内で金利を設定しているわけです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soji0531.blog76.fc2.com/tb.php/2-8647abd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。